日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
I.病態解明・診断・治療
13.男性更年期障害(LOH症候群)
堀江 重郎
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 102 巻 4 号 p. 914-921

詳細
抄録

男性更年期障害の低テストステロンによる症候であるLOH(late onset hypogonadism syndrome)症候群は2型糖尿病に高頻度に見られる.テストステロンは糖代謝,脂質代謝に関与し,またテストステロン低値は,糖尿病,メタボリック症候群のリスク因子である.テストステロン補充療法は筋肉量を増やし,また耐糖能を改善する.LOH症候群は,男性糖尿病患者の生活の質や健康増進を高める上で重要な疾患である.

著者関連情報
© 2013 一般社団法人 日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top