日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
医学と医療の最前線
日本における重症熱性血小板減少症候群と今後の課題
西條 政幸
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 103 巻 10 号 p. 2581-2586

詳細
抄録

2011年に中国の研究者らにより初めて報告された致死率の高いブニヤウイルス科フレボウイルス属に分類される新規ウイルスによる感染症,重症熱性血小板減少症候群(severe fever with thrombocytopenia syndrome:SFTS)が日本でも流行していることが2013年1月に明らかにされた.2013年3月から12月までに西日本において40名の患者が報告され,そのうち13名は死亡した(致死率:約30%).SFTSの原因ウイルスであるSFTSVは,自然界においてマダニおよび哺乳動物の間で維持され,ヒトはSFTSVを有するマダニに咬まれて感染し発症する.つまり,私たちはSFTSに罹患するリスクから逃れることはできない.今後,SFTSVに感染するリスクを明らかにし,対策を立てることが求められる.また,SFTSの高い致死率を説明するための病態生理・病理を明らかにするとともに,治療および予防法の開発が望まれる.

著者関連情報
© 2014 一般社団法人 日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top