日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
医学と医療の最前線
急速進行性糸球体腎炎
臼井 丈一山縣 邦弘
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 103 巻 10 号 p. 2587-2593

詳細
抄録

急速進行性糸球体腎炎(rapidly progressive glomerulonephritis:RPGN)は予後不良な腎不全症候群であり,本来数多くの原因疾患が含まれる.典型的なRPGNの病態は腎血管炎であり,原因疾患として抗好中球細胞質抗体(anti-neutrophil cytoplasmic antibody:ANCA)関連血管炎と抗糸球体基底膜(glomerular basement membrane:GBM)病が中心となる.本稿では最近のトピックとして,1.血管炎分類であるChapel Hill分類の改訂,2.ANCA関連血管炎の腎病理組織分類,3.治療指針・ガイドラインに関して解説する.

著者関連情報
© 2014 一般社団法人 日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top