日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
II. 治療における最近のトピックス
1.食事療法
松浦 文三
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 104 巻 4 号 p. 723-729

詳細
抄録

肥満の治療は,食事療法や運動療法といったライフスタイルの改善が基本になり,これらの治療を継続し減量を維持するための行動療法が必要である.食事療法では,適切なエネルギーをバランスよく摂取し続けることが重要である.さらに食習慣はおおむね7歳までに形成されるため,家庭・学校での食育の取り組みが必要である.

著者関連情報
© 2015 一般社団法人 日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top