日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
今月の症例
腎生検にてlight chain proximal tubulopathyと診断したFanconi症候群を伴う単クローン性γグロブリン血症の1例
山重 美佳後藤 俊介中野 淳子後藤 公彦中井 健太郎藤井 秀毅原 重雄西 慎一
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 106 巻 4 号 p. 813-819

詳細
抄録

症例は68歳,女性.腎機能低下,Fanconi症候群,M蛋白血症の精査のため腎生検を行われた.その結果,電子顕微鏡にて近位尿細管の細胞質内に結晶構造や不規則なライソゾームを認め,light chain proximal tubulopathyと診断した.本疾患の診断には電顕が必要になることもあり,Fanconi症候群,M蛋白血症を認めた際には,電顕の組織所見を確認し,本疾患も考慮する必要がある.

著者関連情報
© 2017 一般社団法人 日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top