日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
トピックス
V.安定期の喘息治療の実際
坂上 公太高木 弘一井上 博雅
著者情報
ジャーナル フリー

2019 年 108 巻 6 号 p. 1141-1148

詳細
抄録

喘息の管理においては,気道炎症の原因となる危険因子を回避・除去し,薬物治療により,気道炎症及びそれに伴う気道過敏性を抑制し,十分な気管支拡張を達成することが重要である.薬物療法では,重症度に応じた治療ステップを選択し,そのなかで種々の薬剤を単独もしくは組み合わせて長期管理を行う.近年,生物学的製剤をはじめとする新規の薬剤及び治療法も開発されており,個々の患者に応じた最適な治療を行うことが重要となっている.

著者関連情報
© 2019 一般社団法人 日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top