J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本内科学会雑誌
Vol. 95 (2006) No. 10 P 2000-2004

記事言語:

http://doi.org/10.2169/naika.95.2000

II. 診断へのアプローチ

多血症 (赤血球増加症) は循環血漿量の減少による相対的赤血球増加症と絶対的赤血球増加症に分類され, 後者はさらに真性多血症と二次性多血症に分けられる. 初診の多血症患者に対するアプローチでは, 赤血球増加症の各疾患を念頭においた適切な医療面接 (病歴聴取) と身体診察を要する. 検査では基本的検査のみならず必要な特殊検査についての知識を持ち, 鑑別診断のためのフローチャートに沿って診断をする.

Copyright © 2006 一般社団法人 日本内科学会

記事ツール

この記事を共有