J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本内科学会雑誌
Vol. 95 (2006) No. 2 P 240-245

記事言語:

http://doi.org/10.2169/naika.95.240

II. 治療

抗不整脈薬の分類としてVaughan Williams分類が広く用いられてきた. I群薬はNa+チャネルを遮断し心房・心室筋の主に伝道抑制に働く. II群薬はβ受容体を抑制する. III群薬はK+チャネルを遮断し, 活動電位幅延長から不応期延長に働く. IV群薬はCa2+チャネル遮断により自動能抑制, 房室伝道抑制に働く. しかしこの分類の限界が指摘され, 新たな分類としてSicilian Gambitが提唱されている.

Copyright © 2006 一般社団法人 日本内科学会

記事ツール

この記事を共有