日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
II.診断と治療の実際
8.成人Still病
大田 明英
著者情報
ジャーナル フリー

2007 年 96 巻 10 号 p. 2206-2213

詳細
抄録

成人Still病は原因不明の全身性炎症性疾患であり,発熱,関節症状,皮疹,炎症所見,高フェリチン血症等を特徴とする.山口らの分類基準が診断に有用であるが,確定診断には他の熱性疾患を十分に除外する.基本的治療薬はステロイドであり,治療抵抗例にはメトトレキサートやシクロスポリン等の免疫抑制薬が,また近年は生物学的製剤が有効とされる.一般に予後は良好であるが,マクロファージ活性化症候群の合併は重症化しやすい.

著者関連情報
© 2007 一般社団法人 日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top