J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本内科学会雑誌
Vol. 96 (2007) No. 12 p. 2794-2797

記事言語:

http://doi.org/10.2169/naika.96.2794

今月の症例

Lymphomatoid papulosisを合併しimatinib mesylateにより症状,検査成績が速やかに改善した好酸球増加症候群症例を経験した.末梢有核細胞の解析でFIP1L1-PDGFRα融合遺伝子(FP遺伝子)のみならずTCRγ鎖遺伝子再構成も認められた.T細胞クロナリティとFP遺伝子が同時に証明された初めての症例であり,好酸球増加症候群の発症機転を考える上で興味深く報告する.

Copyright © 2007 一般社団法人 日本内科学会

記事ツール

この記事を共有