日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
I.疫学と病態
1.大腸癌(直腸癌を含む)の疫学
吉原 正治日山 亨田中 信治
著者情報
ジャーナル フリー

2007 年 96 巻 2 号 p. 200-206

詳細
抄録

 近年大腸癌死亡数が増加している.2004年の年齢調整死亡率で癌の部位別の順位では男性第4位,女性第1位である.年齢調整死亡率はこの最近は横ばい傾向がある.大腸癌の発生部位では直腸は減少し,右側癌の割合が増加している.大腸癌の増加には環境要因の影響が大きく,食事やライフスタイル関連の危険因子として,赤身肉,加工肉,肥満などがあり,予防因子として,身体活動,野菜などがある.

著者関連情報
© 2007 一般社団法人 日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top