日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
今月の症例
経口避妊薬の服用を契機に肺動脈血栓塞栓症を発症したProtein C欠乏症の1例
高見 浩数福島 和之瀧澤 雅隆児玉 隆秀魚住 博記小早川 直竹内 弘明青柳 昭彦
著者情報
ジャーナル フリー

2007 年 96 巻 2 号 p. 341-343

詳細
抄録

 我々は28歳,女性の肺動脈血栓塞栓症を経験した.肥満や長期臥床,悪性疾患の合併はなかったが,入院までの2カ月間経口避妊薬を内服していた.入院後にProtein C抗原量が低値であることも判明した.Protein C欠乏症を背景に経口避妊薬の服用を契機に肺動脈血栓塞栓症を発症したと考えた.ヘパリンとワーファリンによる治療を行い軽快した.Protein C欠乏症は一般住民の200~300人に1人の頻度とされ,若年発症の静脈血栓症においては考慮すべきである.

著者関連情報
© 2007 一般社団法人 日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top