日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
I.慢性骨髄増殖性疾患の基礎
1.慢性骨髄増殖性疾患の概念・分類
陣内 逸郎
著者情報
ジャーナル フリー

2007 年 96 巻 7 号 p. 1331-1337

詳細
抄録

慢性骨髄増殖性疾患(CMPD)は一個の形質転換した造血幹細胞に由来するクローン性造血疾患で,骨髄系細胞の1系統以上の増殖を呈する疾患群である.慢性骨髄性白血病のBCR-ABL融合遺伝子に加え,他のCMPDにJAK2V617F変異,慢性好酸球性白血病にFIP1L1-PDGFRA融合遺伝子などが発見され,CMPDはチロシンキナーゼ遺伝子変異によるその恒常的活性化が起因する疾患群と位置づけられるようになった.

著者関連情報
© 2007 一般社団法人 日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top