J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本内科学会雑誌
Vol. 97 (2008) No. 1 p. 36-42

記事言語:

http://doi.org/10.2169/naika.97.36

III.B型慢性肝炎の抗ウイルス療法

B型慢性肝炎では,B型肝炎ウイルス(HBV)DNAが105~106copy/ml以上かつALT異常値であれば治療対象となる.肝病変進行·肝癌発癌ともに,持続HBV DNA高値が関連していることが明らかになっている.抗ウイルス療法としてのインターフェロンと核酸アナログ製剤(エンテカビル,ラミブジン,アデホビル)にはそれぞれ長所·短所があり,年齢·患者背景,ウイルス量,線維化進行度のほか,急性期か慢性期か,ウイルスサブタイプなども考慮して選択する.

Copyright © 2008 一般社団法人 日本内科学会

記事ツール

この記事を共有