日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
I.関節リウマチ
3.抗炎症薬とステロイド薬
三森 経世
著者情報
ジャーナル フリー

97 巻 (2008) 10 号 p. 2393-2398

詳細
PDFをダウンロード (323K) 発行機関連絡先
抄録

関節リウマチ(RA)の薬物療法においては抗リウマチ薬を基本的薬剤とし,抗炎症薬はRAの診断確定までの期間,抗リウマチ薬の効果が現れるまでの橋渡し,抗リウマチ薬使用でも疼痛が残る場合,仕事など活動時の痛みを抑える場合など,補助的に使用する.一方,ステロイド薬は強力な抗炎症作用を有するが,長期投与による副作用が問題となるため,RAの関節症状への積極的使用については専門医の間でも意見が分かれる.しかし,いずれの薬剤も即効性があり,うまく用いれば疼痛を抑制してQOLの改善が期待できる.

著者関連情報
© 2008 一般社団法人 日本内科学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top