J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本内科学会雑誌
Vol. 97 (2008) No. 10 p. 2430-2436

記事言語:

http://doi.org/10.2169/naika.97.2430

II.その他の関節疾患

変形性関節症は,最も頻度の高い関節疾患である.近年は関節リウマチにおける生物学的製剤の成功もあって,変形性関節症の疾患修飾に対する期待も大きくなっており,現在,精力的に研究がなされている.また近年は,新たな作用機序を有する鎮痛薬もいくつか登場し,グルコサミン/コンドロイチンなど古くから行われる治療法に関する比較的質の高い研究が相次いで報告されていることから,これらの動向も注目される.

Copyright © 2008 一般社団法人 日本内科学会

記事ツール

この記事を共有