日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
III.治療と管理の実際
4.日常生活管理と指導
土田 博光
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 97 巻 2 号 p. 351-357

詳細
抄録

末梢動脈疾患(PAD)治療のゴールは,血管の開存ではなく,生命予後とQOLの改善である.PAD最大の死因は冠動脈疾患で,QOL低下の原因は合併動脈硬化疾患による身体機能低下と下肢喪失である.よって心臓血管疾患予防のためのガイドラインに示されたゴールの実現のため,特に本邦で立ち遅れている運動療法指導,フットケアなどに力を入れ,患者の生活習慣改善のために,各科医師,全医療職が協力して,援助,介入することが必要となる.

著者関連情報
© 2008 一般社団法人 日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top