J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本内科学会雑誌
Vol. 97 (2008) No. 6 p. 1170-1176

記事言語:

http://doi.org/10.2169/naika.97.1170

I.病因と病態

慢性閉塞性肺疾患(COPD)を慢性気管支炎あるいは肺気腫と呼ぶことがある.しかし,COPDを特徴づける気流閉塞は,末梢気道病変(慢性閉塞性細気管支炎)と肺気腫がさまざまな割合で混合して起こる.よって,慢性気管支炎,肺気腫いずれの病名も正しく病態を反映しているとは言えない.COPDにおける末梢気道病変の重要性を理解したうえで,本疾患がunder-diagnosis,under-treatmentの代表的な疾患であることに留意すべきである.本邦では慢性気管支炎症状の乏しいCOPD患者も多い.

Copyright © 2008 一般社団法人 日本内科学会

記事ツール

この記事を共有