J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本内科学会雑誌
Vol. 98 (2009) No. 1 p. 88-93

記事言語:

http://doi.org/10.2169/naika.98.88

V.Crohn病の管理・治療

Crohn病の病態では炎症性サイトカインが重要な役割を果たしている.抗体を用いてこれをブロックするCrohn病の新薬開発が始まった.最初に承認されたのが抗Tumor necrosis factor-α(TNF-α)抗体インフリキシマブである.欧米では他の抗TNF-α抗体も承認された.また他のサイトカインを標的にした新薬開発も行われている.これらの治療薬はCrohn病の自然史を変えられると期待されている.

Copyright © 2009 一般社団法人 日本内科学会

記事ツール

この記事を共有