J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本内科学会雑誌
Vol. 98 (2009) No. 10 p. 2486-2492

記事言語:

http://doi.org/10.2169/naika.98.2486

III.適正な治療のために

ステロイドは経験的に使用されることが多いが,実際のエビデンスも蓄積されている.特に関節リウマチに対する使用法,ステロイドの副作用に対する予防と対症法には新たな知見が加わってきており,これらをもとにしたステロイド療法が求められている.

Copyright © 2009 一般社団法人 日本内科学会

記事ツール

この記事を共有