J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本内科学会雑誌
Vol. 98 (2009) No. 11 p. 2809-2813

記事言語:

http://doi.org/10.2169/naika.98.2809

V.抗HIV療法

新薬の開発により今後の治療法に新しい流れを生み出そうとしている.そんな中で,もっとも期待されているのが,新規プロテアーゼ阻害薬であるダルナビルとインテグラーゼ阻害薬であるラルテグラビルであろう.現在の併用療法は,必ず2種類の核酸系逆転写酵素阻害薬(NRTI)が含まれている.しかし,治療の長期化に伴い,NRTIの慢性毒性が問題となっている.これら新薬を用いた,NRTIを含まない新しい併用療法への期待が高まる.

Copyright © 2009 一般社団法人 日本内科学会

記事ツール

この記事を共有