日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
トピックス
4.多発性筋炎・皮膚筋炎
山本 一彦
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 99 巻 10 号 p. 2414-2418

詳細
抄録

多発性筋炎と皮膚筋炎は骨格筋の炎症と変性による筋力低下を主体とする全身性自己免疫疾患であり,肺,消化管,心臓などの障害とともに,関節炎を呈すことから,関節リウマチを含めた早期関節炎の鑑別診断において重要な疾患群である.特徴的な皮膚症状を呈する場合,皮膚筋炎という.筋症状のほとんどない皮膚筋炎で急速進行する間質性肺炎が多いなど,病態が異なる疾患の集合であり,それぞれに応じた適切な診療が重要である.

著者関連情報
© 2010 一般社団法人 日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top