日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
トピックス
15.感染性関節炎
佐々木 毅
著者情報
キーワード: 細菌, ウイルス, 感染炎
ジャーナル フリー

2010 年 99 巻 10 号 p. 2484-2489

詳細
抄録

関節は無菌状態にある.感染性関節炎は関節の損傷あるいは血行性など関節外より病原微生物が直接的に関節部に進入して生じる.細菌性関節炎は急速に進行し関節破壊を生じるので早急な対応を必須とする.真菌,マイコプラズマ,ウイルス,スピロヘータ等いずれでも関節炎は起こしうる.特に老齢やステロイド,免疫抑制薬使用状態を含む免疫不全状態の例では本疾患に留意する必要がある.

著者関連情報
© 2010 一般社団法人 日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top