日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
今月の症例
多発性骨髄腫に合併したVibrio vulnificus敗血症の1例
神谷 陽輔杉本 雄哉飛田 規上村 のり子
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 99 巻 10 号 p. 2536-2538

詳細
抄録

Vibrio vulnificus感染症の多くは肝機能障害を有する患者が罹患し,「時間」単位で進行し致死率が高い.症例は85歳,男性.多発性骨髄腫に対する外来化学療法中に腰痛~下腿部痛と嘔吐を主訴に来院.血圧低下を認め,緊急入院し敗血症性ショックの治療を開始した.第4病日に血液培養でVibrio vulnificusが同定された.この頃より右下腿に蜂巣炎・壊死性筋膜炎を認めるようになったが,治療の経過とともに病変は縮小し回復した.本症の危険因子として免疫不全状態が挙げられており,血液疾患患者への注意も必要である.

著者関連情報
© 2010 一般社団法人 日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top