日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
II.診療ガイドライン作成に厚生労働省が果たした役割
II.診療ガイドライン作成に厚生労働省が果たした役割
秋山 祐治
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 99 巻 12 号 p. 2950-2957

詳細
抄録

厚生労働行政の役割の一つとして,良質な医療提供体制を確保することがあげられる.診療ガイドラインは,"特定の臨床状況のもとで,臨床医や患者が,適切な判断や決断を下せるように支援する目的で体系的に作成された文書"と定義されているが,その適切な活用は,臨床現場での良質な医療提供に資するものである.これまでに我が国における診療ガイドライン導入から普及に際して,厚生労働省が果たしてきた役割について概説する.

著者関連情報
© 2010 一般社団法人 日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top