J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本内科学会雑誌
Vol. 99 (2010) No. 12 p. 3016-3022

記事言語:

http://doi.org/10.2169/naika.99.3016

III.内科領域の診療ガイドライン概観

膠原病領域の多くの疾患は希少疾患であり,分類(診断)基準はあるものの診療ガイドラインは整備されていない.関節リウマチの診療ガイドラインは2002年にアメリカリウマチ学会により,わが国の厚生労働省研究班からは2004年に提唱された.その後,より詳細な治療指針として,アメリカ・ヨーロッパ・日本の各リウマチ学会からはそれぞれ治療に際しての推奨(リコメンデーション)が提案されており,本稿ではそれらを紹介した.

Copyright © 2010 一般社団法人 日本内科学会

記事ツール

この記事を共有