日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
Idiopathic thrombocythemiaの1例
宮原 光夫向 醇西根 司中川 欽也黒川 一郎
著者情報
ジャーナル フリー

1969 年 58 巻 7 号 p. 628-633

詳細
抄録

二次的栓球増多をきたす明らかな原因疾患がなく,著明な持続的栓球増多と血栓および出血傾向を示す疾患は, 1920年Diguglielmoがpiastrinemiaとして報告したのをはじめとして,いろいろな名称を冠した本症の報告が散見される.著者らは, 64才の男子で,本症と診断される1例を経験した.本症例は,両側足趾に次々と疼痛・壊死が出現し,時に,鼻出血・歯肉出血をみた.末梢血中の栓球数はほとんど常に100万/mm3を越え,最高238万/mm3に達し,軽度の貧血と白血球増多を伴つた.骨髄所見では,骨髄巨核球が237/mm3と増加し,また,栓球生成能の亢進が示唆された.しかし,赤・白血球系細胞には異常をみなかつた.止血機能検査はいずれも正常値を示したが,栓球の粘着能および第1, 2, 3因子活性の低下が認められた.32P4mCiの投与を行ない,栓球数は60~70万/mm3に減少した.

著者関連情報
© (社)日本内科学会
前の記事
feedback
Top