日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
心室瘤類似の心電図所見を呈した拡張型心筋症の1例
寒川 昌信忠岡 信一郎藤原 武中村 節和田 佳文米田 元穂原田 頼続長谷川 浩一鼠尾 祥三沢山 俊民
著者情報
ジャーナル フリー

1986 年 75 巻 12 号 p. 1811-1815

詳細
抄録

患者は64才,男性.健康診断で心室期外収縮を指摘されて来院.側壁領域に心室瘤類似のドーム状ST上昇を伴う異常Q波があり,精査目的で入院した. 201Tl心筋シンチグラムでは心尖部を中心に広範囲の欠損像を,左室造影では内腔の拡大, diffuse hypokinesis, apical dyskinesisを認め駆出率は16%と著明に低下していた.冠動脈造影では,有意狭窄はなく,持続性ST上昇を示す拡張型心筋症と診断した.本例のドーム状ST上昇の成因は,重症の貫壁性心筋障害とそれに基づく左窒asynergyによるものと推測された.以上より,心室瘤と類似する心電図の鑑別診断に拡張型心筋症も考慮する必要があると思われた.

著者関連情報
© (社)日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top