日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
4.意識障害の検査の進め方
柳澤 信夫
著者情報
ジャーナル フリー

1990 年 79 巻 4 号 p. 440-445

詳細
抄録

意識障害患者の診断には,状態と原因それぞれの診断のための検査を必要とする。まずおこなうべき検査は病態の増悪を防ぐためのものであり, vital signをチェックし,救急処置と並行して血算,電解質,血糖,血液ガスを調べる.また原因の見当付けには年令,経過,呼吸パターンなどが有用である.さらに全身疾患か脳の一次的病変の確認のために検査をすすめるが,脳疾患の意識障害の診断には脳CT,脳波,髄液検査が重要である.

著者関連情報
© (社)日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top