日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
5.高令者の意識障害
6)薬物中毒による意識障害
渡邊 禮次郎
著者情報
ジャーナル フリー

1990 年 79 巻 4 号 p. 475-479

詳細
抄録

高令化社会が急速に進み,我が国においても,老人医療が大きな社会問題となりつつある.こうしたなかで,老人の薬物療法による副作用としての意識障害や様々な精神,神経症状の発現が注目されている.臨床家にとって,老人の薬物体内動態を念頭におき,できる限り副作用の発現を回避し,老人の投薬に伴う諸問題を解決する努力をすることはきわめて重要である.本稿では老人の薬物体内動態の特徴,向神経・精神薬による抑うつ状態,意識障害,副作用として重要な悪性症候群,中枢性抗コリン作動症候群について触れ,あわせて老人への投薬に際して,注意すべき事項などについて述べることにする.

著者関連情報
© (社)日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top