日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
2.脳梗塞の診断基準と部位診断
山口 武典
著者情報
ジャーナル フリー

1991 年 80 巻 4 号 p. 518-526

詳細
抄録

脳梗塞の診断に当たっては,まず出血性脳血管障害との鑑別を行い,その後に内頚動脈系か椎骨脳底動脈系かを考え,さらに詳しい部位診断を行う.その発症機序についても,従来の血栓性,塞栓性だけでなく,できるだけ最新の画像診断装置を駆使して,前者は閉塞動脈の大きさによリアテローマ血栓性梗塞とラクナ梗塞に,後者は塞栓源の種類によって心原性と動脈原性に分けて考え,適切な治療方針をたてる必要がある.

著者関連情報
© (社)日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top