日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
1.脳血管障害急性期治療の考え方
大友 英一
著者情報
ジャーナル フリー

1991 年 80 巻 4 号 p. 548-552

詳細
抄録

脳梗塞の成立に血管の変化とともに血液性状の異常が大きな役割を果すことが解って以来,脳梗塞急性期の治療として,血液の性状に影響を与える薬物による治療がいろいろ試みられている.線溶促進,抗血栓(抗凝固)を主とするものであるが,最近は血管と血液の両者に作用するものも開発されて来ている.また,脳梗塞の急性期,血管拡張薬が必ずしも禁忌でないことも解ってきている.

著者関連情報
© (社)日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top