日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
4.血栓溶解薬の適応と禁忌
荒木 五郎
著者情報
ジャーナル フリー

1991 年 80 巻 4 号 p. 565-569

詳細
抄録

急性期脳梗塞に対する線溶療法において,脳血栓症の適応としては,基底核小梗塞,脳主幹動脈閉塞特に脳底動脈閉塞の進行型脳卒中に効果的とされている.また脳塞栓症では再開通による脳浮腫の増強,出血性梗塞の助長のおそれがあるため禁忌とされてきた.最近カテーテルによる血栓内注入などの動脈内投与が試みられ,再開通率も高く,神経症候の改善もみており,現在までの治療成績と比べ優れていることが,発表され注目を浴びた.

著者関連情報
© (社)日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top