日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
低ゴナドトロピン性性腺機能低下症を合併したAddison病の1例
大江 賢治古藤 和浩大中 佳三柳瀬 敏彦辻 裕二勝野 誠高柳 涼一土師 正文名新 田新
著者情報
ジャーナル フリー

1993 年 82 巻 6 号 p. 911-913

詳細
抄録

症例. 18歳男性. 8歳時,全身色素沈着. 10歳時発熱,嘔吐,全身倦怠感出現し, Addison病と診断.平成3年,二次性徴遅延にて入院.全身皮膚色素沈着を認め,性毛なく,陰茎,睾丸は小(Tanner stage 1).血中cortisol低値,血中ACH1著明高値,血中testosteroneは低値で, hCG負荷にて上昇し, LHRH負荷時LHは低反応を認めたが, LHRH間欠的持続療法にて血中LH, FSH, inhibin, testosterone上昇と性腺機能の改善を認め, Addison病に視床下部性低ゴナドトロピン性性腺機能低下症を合併した興味ある症例と考えられた.なお本症例における副腎皮質不全はcongenital adrenal hypoplasiaによる可能性が高い.

著者関連情報
© (社)日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top