日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
興味ある垂直注視麻痺を合併した両側性の傍正中視床・視床下部梗塞の1例
佐藤 澄子棟田 慎二郎小林 卓正松本 勲越智 博文山下 順章
著者情報
ジャーナル フリー

1996 年 85 巻 8 号 p. 1301-1303

詳細
抄録

症例は71歳,男性.画像所見から両側性の傍正中視床・視床下部梗塞と診断した.責任血管として傍正中視床動脈が考えられた.本症例では下方への頭位変換眼球反射の欠如を伴う垂直注視麻痺が認められ,上方向は核上性麻痺,下方向は核性麻痺と考えられた.このため頭位変換によっても下方を見ることが出来ず,日常生活動作が著明に障害された.本症例は傍正中視床動脈の支配領域やその垂直眼球運動障害の発症機序を考える上で興味ある症例と考えられた.

著者関連情報
© (社)日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top