日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
植込み型除細動器
笠貫 宏
著者情報
ジャーナル フリー

1996 年 85 巻 8 号 p. 1309-1318

詳細
抄録

心臓突然死の80~90%は心室細動(VF)ないし心室頻拍(VT)によると考えられているが,抗不整脈薬やカテーテルアブレーションや手術によるVT/VFの予防には限界がある.そのVT/VFによる突然死の予防を目的として電気的除細動器を体内に植込み, VT/VFを自動的に感知し,作動させるという植込み型除細動器(ICD)は画期的な治療法である. 1980年の臨床応用に始まり現在は第3世代の時代となり,欧米では植込み症例数は年間数万人に達している.わが国では1990年から臨床試験が行われ, 1996年4月ようやく保険適用が認められており,今後, VT/VFによる突然死予防の最終的治療法として普及していくものと考えられる.

著者関連情報
© (社)日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top