日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
1.赤沈, C反応性蛋白,血清アミロイドA
佐々木 毅塚本 さなえ
著者情報
キーワード: 赤沈
ジャーナル フリー

1998 年 87 巻 12 号 p. 2390-2395

詳細
抄録

赤沈値(血沈値), CRP値は炎症病態把握での基本的検査とされ,自己免疫疾患例でのモニタリングにおける重要な検査の一つとして汎用されている.最近,新しい炎症マーカーとして血清アミロイドA蛋白(SAA)のルーチン検査が可能となった. SAAはCRP変動の乏しいSLEらリウマチ性疾患の活動期に上昇する.これらの炎症マーカーは自己免疫疾患例のモニタリングにおいて有力な指標となりうることと推定される.

著者関連情報
© (社)日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top