日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
5.抗リボ核蛋白抗体
三森 経世
著者情報
ジャーナル フリー

1998 年 87 巻 12 号 p. 2414-2420

詳細
抄録

膠原病に見いだされる自己抗体の多くは,細胞核および細胞質内に普遍的に存在し遺伝子の転写, RNAのプロセッシング,蛋白の翻訳など重要な生命現象に関与するリボ核蛋白(RNA蛋白複合体)を対抗抗原とする.これらリボ核蛋白に対する自己抗体は特定の疾患や臨床症状と密接に関連するものが多く,疾患の補助診断として有用であり,さらに病型分類や,予後の推定,治療効果判定など臨床診療に役立つ.

著者関連情報
© (社)日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top