日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
8.血液凝固異常
丸山 征郎
著者情報
ジャーナル フリー

1998 年 87 巻 12 号 p. 2434-2437

詳細
抄録

膠原病ではしばしば血栓,あるいは出血が見られる.これらは膠原病そのものの予後を大きく左右するのみか,薬剤が病巣局所にデリバリーされなくなり,基礎疾患である膠原病の難治化につながる.これらの血管合併症は,膠原病が血管炎をともなう疾患であるためと,膠原病によって血液凝固線溶系そのものが活性化,あるいは機能異常に陥っていることによって起こる.

著者関連情報
© (社)日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top