日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
妊娠,分娩が可能であった成人心内膜弾性線維症の1例
石田 実雅松田 直樹志賀 剛梶本 克也難波 富佐子迫村 泰成塚田 百合子大西 哲笠貫 宏西川 俊郎
著者情報
ジャーナル フリー

1998 年 87 巻 12 号 p. 2507-2509

詳細
抄録

症例は27歳,女性. 1歳時に心不全を発症し,心筋生検で原発性心内膜弾性線維症(EFE; endocardial fibroelastosis)と診断された.その後,心不全は軽快しNYHAI度で経過していた.妊娠後期にNYHAII度となったが, 34週で分娩し,母子ともに問題なく経過した. EFEの成人生存例は報告が少なく,その予後は必ずしも明らかでない.今回,心機能低下の進行がほとんどなく,妊娠,分娩が可能であったEFEの一例を経験し,成人EFEの自然歴を考えるうえで貴重と考え報告した.

著者関連情報
© (社)日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top