日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
循環器疾患におけるquality of life
藤井 潤
著者情報
キーワード: 高血圧, 降圧薬, 冠動脈疾患
ジャーナル フリー

1998 年 87 巻 12 号 p. 2530-2535

詳細
抄録

非専門的,市民的用語であるquality of lifeは,末期癌の治療を通して医療に持ち込まれた.この言葉はその後医療の各分野で使われるようになり,医療の新しい目標となったほか,医療を評価する新しい尺度になった.高血圧,慢姓冠動脈疾患などの長期治療では,血圧や狭心症をコントロールして長期予後を改善するとともに,患者の日常生活,社会生活の維持が求められる.そうすると,治療効果を評価するときには,生存率,改善率などの医学的尺度のほか,患者の生活や感情状態の評価,すなわちquality of lifeの評価が必要である.慢性循環器疾患患者のquality of lifeを低下させる要因として,合併症,薬剤の副作用,患者・医療関係の悪化,日常生活に対する過度の制限,診断や検査結果の不適切な説明などがある.

著者関連情報
© (社)日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top