日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
1.病診連携の重要性
山崎 勝也小林 正
著者情報
ジャーナル フリー

2000 年 89 巻 8 号 p. 1603-1607

詳細
抄録

増加してきた糖尿病患者を糖尿病専門医だけで診療するのは難しく,専門医と一般医で効率よく糖尿病診療を行う必要がある.そのためには,病院と診療所の連携,さらには保健所や市町村など行政との連携も含む地域医療に基づいた病診連携システムが必要である.また,病診連携に際し,簡潔な診療情報提供書やコンピュータを利用した病診連携システムは有用である.それらにより,病診連携はさらに推進されていくであろう.

著者関連情報
© (社)日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top