日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
顕微鏡的多発動脈炎に合併した肺胞出血に対して体外式肺補助(ECLA)が有用であった1例
三上 雅人盛 勇造山崎 章生今田 篤斉藤 大太大和田 真玄
著者情報
ジャーナル フリー

2000 年 89 巻 8 号 p. 1651-1653

詳細
抄録

症例は, 59歳女性.透析導入目的に当科入院したが,多量の血痰と呼吸困難を認あた.著明な低酸素血症のため,挿管,人工呼吸.メチルプレドニゾロン1g投与したが,低酸素の悪化を認め,体外式肺補助(ECLA)を開始した. P-ANCA 428EUと高値で,進行性の腎不全と肺胞出血から,顕微鏡的多発動脈炎と診断した. 7日でECLAを, 14日で人工呼吸器を離脱した.副腎皮質ステロイド剤が奏功するまでの治療としてECLAが有効と考えられた.

著者関連情報
© (社)日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top