日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
短期間に胃カルチノイド,前立腺癌,悪性リンパ腫および悪性中皮腫を併発した1例
三浦 心石黒 陽対馬 健一村田 有志棟方 昭博鎌田 義正
著者情報
ジャーナル フリー

2000 年 89 巻 8 号 p. 1654-1656

詳細
抄録

症例は72歳男性. 1998年3月胸やけ感を主訴に当科受診.胃カルチノイドの診断で4月28日胃局所切除術施行.同年8月高分化型前立腺癌の診断でホルモン療法開始.平成11年1月非ホジキンリンパ腫の診断で当科入院.右胸膜腫瘍を認め,生検にて悪性中皮腫の診断を得た.化学療法でNHLは著明に縮小,中皮腫に著変はなかった.短期間に組織型の異なる4つの悪性腫瘍が生じるのは非常に稀で,興味ある症例と考えられた.

著者関連情報
© (社)日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top