日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
脳卒中の超音波診断
星野 晴彦
著者情報
ジャーナル フリー

2001 年 90 巻 6 号 p. 1088-1096

詳細
抄録

断層図とDopplerによる血流情報を検討できる超音波検査法は,脳卒中のうち,脳梗塞の診断に必須の検査となっている.超音波検査は,血管撮影では検討できない血管壁の検査が可能であること,無侵襲で簡便な検査法であり,スクリーニング検査として,また,経時的な変化の検討も可能である.今回は,手術適応のある頸動脈狭窄病変,脳梗塞の病態に関連して注目されるplaqueの性状,動脈硬化の指標としての内膜中膜肥厚,塞栓性脳梗塞の診断に用いられる経頭蓋超音波検査によるmicroembolic signal,経食道心超音波検査により診断が可能となった卵円孔開存と大動脈弓病変を中心に,脳卒中の臨床における超音波検査法を紹介する.

著者関連情報
© (社)日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top