日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
2.予後因子・予後予測モデル
木下 朝博
著者情報
キーワード: 予後因子
ジャーナル フリー

2001 年 90 巻 6 号 p. 988-991

詳細
抄録

悪性リンパ腫の予後に関連する要因として,病型,年齢, performance status, LDH,臨床病期,腫瘤径,節外病変数, B症状などがある.これら複数の予後因子を組み合わせた予後予測モデルが提唱されている.代表的なものとしてnon-Hodgkin lymphoma (NHL)でのInternational Prognostic Index (IPI)があり, NHLの治療に不可欠な指標として臨床試験を始めとして広く利用されている.

著者関連情報
© (社)日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top