日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
顔面神経麻痺にて発症した破傷風の1例
森 敏純日浦 正仁筈井 寛西原 功大石 泰男森田 大
著者情報
キーワード: 顔面神経麻痺, 頭部外傷
ジャーナル フリー

2002 年 91 巻 12 号 p. 3497-3499

詳細
抄録

前額部に約15cmの挫創を受傷し, 1週間後に右顔面神経麻痺, 2週間後には開口および嚥下障害が出現したため破傷風の診断にて当センター紹介搬送となった.抗破傷風免疫グロブリンおよびトキソイドの投与,創部の開放と消毒洗浄にて,破傷風第III期には至らず受傷20日目より軽快傾向を認めた.本例は全破傷風症例の1%程度と言われるcephalictetanusであり,稀な症例であるため報告した.

著者関連情報
© (社)日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top