日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
Lemierre症候群と考えられたFusobacterium necrophorum敗血症の1例
中下 彩子小野澤 祐輔林 洋川満 久恵天川 孝則
著者情報
ジャーナル フリー

2003 年 92 巻 12 号 p. 2415-2416

詳細
抄録

症例は58歳,男性.咽頭炎発症後,左肩痛が出現し,全身倦怠感のため入院となった.左鎖骨周囲にガス壊疽を来し, CT検査で骨髄炎,肝膿瘍,敗血症性肺塞栓を認めた.血液培養よりFusobacterium necrophorumが検出され,抗生剤投与,皮膚切開を行い改善した.咽頭炎から内頸静脈の敗血症性血栓性静脈炎を来し,全身に転移性感染を呈する病態はLemierre症候群と呼ばれる.本症例はその特徴的な経過より同症候群と考えられた.

著者関連情報
© (社)日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top