日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
2.ポリニューロパチー
馬場 正之
著者情報
ジャーナル フリー

2004 年 93 巻 8 号 p. 1556-1562

詳細
抄録

糖尿病性ポリニューロパチーは(1)上肢より下肢優位の, (2)左右対称性の感覚障害を特徴とし,診察では(1)アキレス腱反射の低下・消失と(2)振動覚低下の確認が重要である.臨床的に明らかな筋力低下・筋萎縮,自律神経症状は,進行期の徴候と理解すべきである.糖尿病性神経障害は緩徐に進行する末梢神経変性疾患であり,無症候期から顕性化の予防に努める必要がある.しびれ感や異常感覚,疼痛の第1選択薬は三環系抗うつ薬である.

著者関連情報
© (社)日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top