日本文学
Online ISSN : 2424-1202
Print ISSN : 0386-9903
文学教育論への挽歌 : 読解指導の復権(<特集>なぜわたしたちは<文学教育>にこだわるのか)
渋谷 孝
著者情報
ジャーナル フリー

1999 年 48 巻 8 号 p. 22-29

詳細
抄録

文学教育とは、読解指導の位置を越えて、特別な教育的意義を負わせた指導法である。その目標は、「楽しみのため」ということを無思想として軽蔑し、悲壮で重々しく抽象的で、難解な深々としたものである。私達が国語科読解学習指導で為すべきことは、言葉の使い方と使い分けに役立つ読み取りの手立て(技術)を訓練によって身につけさせることである。これは容易ではないのだ。実用性が、第一義でない国語科教育などはあり得ない。

著者関連情報
© 1999 日本文学協会
前の記事 次の記事
feedback
Top